HOME » フロアコーティングはじめてガイドブック » フロアコーティングのメリットとは?

フロアコーティングのメリットとは?

フローリングのフロアコーティングは、汚れを防ぎ床の劣化を防ぐという意味でメリットが期待できます。具体的に考えられるメリットについて紹介していきます。

1、汚れを落としやすい

フロアコーティングによって、床が滑らかになり汚れが付着しても落としやすいというメリットがあります。水拭きも楽にでき、コーティング剤によっては薬品や熱湯などにも耐久性が高いため、フロアを清潔に保つことができます。

お子さんの食べこぼしやホコリの付着、ペットの汚れ(嘔吐物やふんなど)に対しても即座に掃除ができるので、通常のフローリングにはないコーティング効果が最大のメリットと言えるでしょう。

2、傷が付きにくい

フロアコーティングされた床は、家具などによるすり傷やペットの爪によるひっかき傷を防止するのに効果的。フローリングのままでは傷が付きやすいものですが、コーティングを施すことによって床の強度が上がり、フローリングに直接傷が付くのを防いでくれます。

カーペットなどを敷いてフローリングを覆っていると、時々カーペットがズレてフローリングに直接傷が付いてしまう可能性があります。その点、フロアコーティングにはズレの心配がないため、傷を確実に防止したいお宅に向いています。

3、床が滑りにくくなる

フローリングの床はツルツルとしていて滑りやすいため、小さなお子さんやご高齢のご家族、来客やペットなどが滑ってけがをするおそれがあります。

フロアコーティングには、フローリングを滑りにくくする転倒防止効果があるため、安全に通行することができます。走り回ることが多いお子さんやペットにとって安全であり、階段などにフロアコーティングを施しておけば、ご高齢のご家族の転落事故を防ぐことができます。

4、床の劣化を防ぐ

フローリングが剥き出しになっている床は、経年劣化をしやすく、ひび割れや色褪せなどが目立つようになります。その点、フロアコーティングを行うことでフローリングそのものの強度を上げることができるので、経年劣化のスピードを遅らせることができます。

また、一度フロアコーティングを行っておけば効果が一定時間持続するため、フローリングのワックスがけなどの必要がなく、床のメンテナンスにかかる手間も省けます。

\見積もり価格で格付け/
横浜のフロアコーティング業者
ランキング

横浜市内の新築住宅のリビング15畳、洋室計12畳(6畳×2室)をコーティングしてもらった場合の見積もりで施工業者を比較しました

比較結果はこちら

このサイトについて
フロアコーティングをした場合の費用や横浜市内の施工業者などを、個人で調べてまとめました。
2012年1月調査時の情報ですので、対応プランや費用が異なる場合があります。最新情報に関しては各施工業者の公式サイトをご確認ください。

 
Pagetop